FXの基本知識

お勧めFX会社

海外FXのXemarkets
 XEMarkets
最高レバレッジ888倍
投資額以上の損失なし


キャンペーン比較・一覧


スプレッド比較・一覧


FX会社の比較・一覧


海外FX会社の比較・一覧


FXチャートのテクニカル分析の基本をマスターしよう!

テクニカル分析とは何?

       テクニカル分析の用語
      FXチャートでテクニカル分析とは何?
      ロウソク足とは何?
      トレンドパターンについて
      テクニカル指標とは何?
      移動平均線とは何?
      グランビルの法則とは何?
      その他のチャート分析の種類
    上記リンクはこのページの箇所へ移動します

 
 FXのチャートのテクニカル分析について
FXチャートのテクニカル分析について解説していますがまずは基本的なことを覚えていきましょう!テクニカル分析は数値化できる部分が多いのでファンダメンタルズ分析に比べ難しくはありませんがあくまで予測する為の方法や手段で為替の動きはそのまま動くというわけではありません。チャートはあくまで過去の為替レートの動きをグラフで表しただけにすぎませんが、チャートを見ないプロなどはいないのも事実ですのでできる限りマスターするべきことです。



FXチャートでテクニカル分析とは何?

通貨、外貨について テクニカル分析とは何?

FXチャートとは過去の為替レートの動きや時系列を数値化しグラフにしたものでテクニカル分析とはそのチャートを活用し過去の値動きから将来予測される為替レートの動きを判断する手法です。ファンダメンタルズ分析とは相対的な概念で投資を行う人はテクニカル分析派とファンダメンタルズ分析派に分かれることもありますがどちらの分析が正しいというものではなく考え方の違いなだけと言えます。為替レートを予測する上では短期、中期、長期視点で考えそれぞれに適した分析方法で適応していくことが重要で、過去の値動きを表したチャートには経済状況、各国の財政状態、要人発言、政策金利などすべてのものが織り込まれて表示されておりトレンドは上昇方向か下落方向かも一目でわかります。


 更に詳しくテクニカル分析について知りたい方は テクニカル分析について をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

ロウソク足とは何?

為替について解説 ロウソク足とは何?

ロウソクの形をしているところからローソク足と言いますが為替レートの動きが一目でわかるように表現されており1日の始値、終値、高値、安値を知ることができます。一日の値動きを表す日足(ひあし)の他に分足、週足、月足、年足などがありローソク足は大きく分けると2種類あり陽線陰線で、陽線とは始値よりも終値の方がレートが高いものを指しチャートでは白色、赤色で表すことが多いです。陰線とは始値よりも終値の方がレートが低いものを指しチャートでは黒色、青色で表すことが多いです。始値、終値から上下に伸びた線をひげと言いひげの部分は高値安値を表しています。

 更に詳しくロウソク足について知りたい方は ロウソク足の種類とは をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

FXチャートのトレンドパターンについて

為替について解説 FXチャートのトレンドパターンとは何?

トレンドとは為替レートの相場の流れや傾向で上昇トレンド、下降トレンド、横ばいがありチャートを見れば一目でどの状態かが判断できます。トレンドに沿ってポジションを持つことはFXで勝率を上げることに繋がり上昇トレンドは上昇するトレンドが強くチャートは右上がりになり、下降トレンドは下降する力が強い相場でチャートは右下がりチャートになり、横ばいはどちらの力も均等である一定の価格帯で引き返すボックスとなります。為替のトレンドを把握するには上昇トレンドでは安値と安値に線を引きサーポートライン(下値抵抗線)を探し、下降トレンドでは高値と高値を結ぶ線を引きレジスタンス(上値抵抗線)を見つけ買いのタイミングや売りのタイミングにしていきます。しかし時にはこれまでとは異なる動きをすることがあり上昇トレンドが少しづつ下値を探し下落していき、下降トレンドでは少しづつ上値を探し上昇しいきトレンド転換することが起きますのでトレンド転換が起きたらこれまでとは逆のポジションに変更しなければいけません。


  更に詳しくトレンドパターンについて知りたい方は FXチャートのトレンドパターンとは何? をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

テクニカル指標とは何?

外国為替について解説 テクニカル指標とは何?

売買のタイミングはロウソク足でも多少は把握することができますが最も有効的なのがテクニカル指標です。テクニカル指標は大きく分けるとトレンド系オシレーター系でトレンド系とは相場のトレンドを見ることができ移動平均線や一目均衡表、MACD、ボリジャーバンドなどがあり、オシレーター系は相場の買われ過ぎや売られ過ぎなどを見ることができRSI、ストキャスティクスなどがあります。FX初心者は移動平均線の見方は覚えておきたいところです。ちなみに投資を行う時に順張りや逆張りなどという用語をよく目にすると思いますが順張りとは為替相場のトレンドを把握しそのトレンドの流れに沿って売買する方法で逆張りとは相場の流れとは逆の売買をすることで買われ過ぎや売られ過ぎなどの指標から行います。


  更に詳しくテクニカル指標について知りたい方は テクニカル指標とは をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

まずはFXチャートの基本の移動平均線を覚えよう!

円高円安について解説 FXチャートの移動平均線とは何?

テクニカル指標の中で最もよく使われているのが移動平均線で移動平均線にはいくつかの種類があり一般的には単純移動平均線が用いられ過去における一定期間の終値の平均値を出してそれをつないだ線のことです。トレンドを見るだけなら移動平均線が上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンドと判断でき、もう少し移動平均線を詳しく言えば5日移動平均線なら直近5日の終値の合計を5で割り、25日移動平均線なら直近25日の終値を合計し25で割ったものです。移動平均線は短期線、中期線、長期線に分けることができ短期線ほどトレンドの転換に反応できますが「ダマシ」という間違った売買シグナルが出ることがるので注意しておく必要があります。長期線ほどダマシは出ないですが敏感にトレンド転換に反応できないというデメリットがあります。ゴールデンクロスデッドクロスなどについては下記リンクで詳しく説明してあります。


 更に詳しく移動平均線について知りたい方は 移動平均線とは何? をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

グランビルの法則とは何?

外国為替取引について解説 グランビルの法則とは何?

もともと記者だったジョセフ・E・グランビルが考案した移動平均線と相場価格を組み合わせ売買シグナルを知る法則をグランビルの法則と言います。このグランビルの法則は日足チャートに200日の移動平均線を表示させることで市場価格のトレンド傾向が読み取れ上昇、下降を判断でき売買シグナルを8つでまとめた法則となっています。


 更に詳しくグランビルの法則について知りたい方は グランビルの法則とは何? をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

その他のチャート分析の種類

外国為替証拠金取引について解説 その他のチャート分析について

移動平均線の他にRSI、ボリジャーバンド、一目均衡表、MACDなどがありますのでこれらのテクニカル指標については下記リンクで詳しく解説してあります。

 更に詳しくその他のチャート分析について知りたい方は その他のチャート分析について をご覧ください!


                                             通貨、外貨について ページ上部へ

初心者にお勧めのFX会社 口座開設はココ!



お勧めシステムトレード(自動売買取引)のできるFX会社の口座開設☆


 ■シストレ24   初級者向けから上級者
・5000円キャッシュバックキャンペーン実施中!50万円入金し初回往復取引のみ
・実力派のストラテジーを用意してあり選んで簡単自動売買
・MYシストレ24はワンクリックのみで自動売買可能で非常に操作しやすいF
・野球で言えば手動取引は選手、システムトレード(自動売買)は監督、楽できます!
終了  ■アヴァトレード 中級者から上級者向け
・ミラトレーダー、メタトレーダー、APIトレーディングで自動売買可能
・Ava Meta Trader4はEAを導入することで自動売買取引可能
・最低取引単位は1000通貨から通貨ペアは50種類と豊富でCFDの取引も可能
・バックテストでテクニカル指標の過去データ検証も可能
終了  ■シストレ.COM 初級者から上級者まで
・世界中のストラテジーを備え、組み合わせも自由自在
・自動売買取引の初心者でも気になる売買プログラムを選ぶだけで簡単に参加
・プログラムの選び方は期間・収益性・売買結果などから選べばOK
・自動売買結果のランキングから選ぼう!