FXの基本知識

お勧めFX会社

海外FXのXemarkets
 XEMarkets
最高レバレッジ888倍
投資額以上の損失なし


キャンペーン比較・一覧


スプレッド比較・一覧


FX会社の比較・一覧


海外FX会社の比較・一覧


為替が変動する要因とは何?

為替が変動する要因とは何?

       為替変動要因の用語
      根本的な為替変動要因とは何?
      ファンダメンタルズとは何?
      アメリカの経済指標について
      政策要因、要人発言とは何?
      通貨ペアの需給関係とは何?
      為替変動のリスクについて
      固定相場制と変動相場制の違い
   上記リンクはこのページの箇所へ移動します

 
 為替が変動する要因について
為替の変動要因について個々に解説してありますが為替レートの動きを予測するにはこれらすべてを考慮しながら短期、中期、長期視点で現在の変動理由の比重がどの部分が強いのかを考えながら自分なりの予測を立ててみることが勝率アップと経験につながります。ファンダメンタル分析はとりあえず基本的なことだけはおさえておきましょう!



為替が変動する根本的な理由

通貨、外貨について 根本的な為替変動要因とは何?

根本的な為替が変動する理由はその国の通貨の人気度です。通貨の人気度が上がればその通貨の価値は上がり人気度が下がればその通貨の価値は下がり、人気度が上下しやすい原因の一つにその通貨の金利2つの国を比較した時の経済状況などです。2つの国を比較した時とはFXの場合は通貨ペアと言って一つの通貨を買えば、もう一つの通貨は必ず売ることになり、例えば通貨ペアのドル円だとドルを買ったら円は売り、ドルを売ったら円を買うということで買うということは通貨の人気を上げる手助けで、売るという行為は通貨の人気を下げる手助けになりますが、実際は手助けと言っても小さな金額では外国為替市場に与える影響はほぼゼロです。好景気の国の通貨は経済成長力があり更に人気が上がれば価値も上がるのでそれを予想し見越したうえ買われて価値が上がりますが一方の通貨を買うということは、もう一方の通貨は売られますので価値は下がっていきます。ちなみに通貨ペアはFX会社によっては何十種類もあるところもありますが極論を言えば1つの通貨ペアがあれば問題ないと言えます。人気が上がる通貨を買って下がる方の通貨を売れば為替差益を稼ぐことができるので金利収入を得る目的ではなく為替差益を狙う目的の方なら10種類程度の通貨ペアを揃えているFX会社を選べばまったく問題ないということです。


 為替変動の例えば
為替変動に大きく影響するのが金利ですが基本的には高金利の通貨は人気が上がり、低金利の通貨は人気が下がります。アメリカの米ドルが年利5%とし日本の円が年利1%とすれば100万円分預けると年間で米ドル金利は5万円で日本円は1万円なので資産運用として考えれば通貨ペアでドル円なら当然金利の高いドルを買います。ドルを買うということは円は売られ円安ドル高を引き起こす原因になるということです。


 更にわかりやすく為替変動要因について知りたい方は 為替変動要因について をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

為替が変動するファンダメンタルズ(経済指標)について

為替について解説 ファンダメンタルズ(経済指数)とは何?

FXを長期的な取引スタンスでスワップ狙いの方にはファンダメンタルズは理解しておく必要があります。その通貨の為替レートが長期トレンドで上昇するか下降して動いていくのかを形成する重要な要因になるからです。ファンダメンタルズとは簡単に言えばマクロ的経済を見てに景気が良いか景気が悪いのかを表すいろいろな経済指標の総称でGDPの成長(経済成長率)物価上昇率失業率金利政策などが為替レートを大きく変動させ、またギリシャの財政難などは有名ですがその国の財政状況などもその国の通貨に大きな影響を与えます。ファンダメンタル分析する上で最も重要なのは世界の基軸通貨を扱うアメリカの経済指標は見逃せません。米ドルは世界中の金融や貿易などの取引の決済に利用されているのでアメリカの経済指標のインパクトは大きくドル円などはアメリカ経済が不景気なら円高になりやすく好景気なら円安になりやすくアメリカの経済次第とも言えます。長い期間で為替レートを予想するうえで重要なのがファンダメンタルズ分析です。

 ファンダメンタルズの例えば
好景気の国は人々の消費活動が活発なので企業は多くの物を生産し販売します。企業はモノが売れるので給料にも還元でき株価も上昇し売上もあがり多くのお金が入ります。儲けたお金で企業は設備投資に資金を回し設備などの機械を販売している企業は売上があがりプラスの循環が続き海外からの投資も入りその国の通貨の価値は上昇していきます。


 更に詳しくファンダメンタルズ(経済指標)について知りたい方は 経済指標とは をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

アメリカの経済指標は為替を大きく動かす

為替について解説 アメリカの経済指標とは何?

上記で少し述べていますがアメリカ経済指標のインパクトは大きくすべての通貨の為替レートに影響していくので経済動向に注視する必要があります。なぜならアメリカのGDP(国内総生産)は世界の1/4を占めているからです。アメリカのGDP成長率やインフレ率、雇用統計、失業率、非農業部門雇用者数などは為替レートの影響は大きく発表前後での為替レートの変動は急激な動きになりやすくなるので取引には注意する必要があります。


  更に詳しくアメリカの経済指標について知りたい方は アメリカの経済指標とは何? をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

政策要因は急激な為替変動要因となる(要人発言前には注意が必要)

外国為替について解説 政策要因、要人発言とは何?

要人発言の要人とは各国の偉い人、つまり為替に影響力があり中央銀行の上の人や金融政策などをする代表者などで世界の中でもアメリカのFRB(米連邦準備制度理事会)の議長の発言次第では為替レートの変動に大きく影響し、ちょっと前までニュースでよく耳にしたと思いますがアメリカのバーナンキ議長の発言がまさにそれにあたりFXや為替に関心のある方は常に注目しています。要人発言前は初心者の方はあまり通貨を保有することはお勧めできません。発言後に1円程度の急激な動きもたびたびありハイリスクハイリターンになる可能性があるからです。
 政策要因とは日本でお馴染みなのが為替介入という言葉です。あまりにも円高の為、日本企業の輸出企業のダメージが大きくなりすぎた結果、政府が強制的に少しでも円安方向に向かわせる意図で何兆円もの資金を投入し為替レートを動かすことです。この目的は為替レートを動かすこともそうですが円買いすることを投資家などに警戒させるという意図を持っています。
政治的な理由で為替レートを動かしたり動いたりすることで突然発表することなどもあるので政府などの政策には常に警戒しておく必要もあります。

 政策要因の例えば
「政府が今後円安方向に向かうために為替介入せざる得ない」などの言葉を日本政府の要人が発言する事だけでも一時的に日本円を保有している投資家は警戒し円を売る方向に進みます。


  更に詳しく政策要因、要人発言について知りたい方は 政策要因、要人発言とは何? をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

通貨ペアの需給関係も為替変動を引き起こす

円高円安について解説 通貨ペアの需給関係とは何?

非常に単純でドル円なら円の人気が上がればドルの人気は下がります。一方の通貨を買うということはもう一方の通貨は売られますので買う人が多い通貨を買えば為替差益を稼ぐことができ売る人が多い通貨を売れば同様に為替差益を稼ぐことができ根本的には需給関係で決まります。しかし このページ全体を読んでみてもわかるように為替レートの変動要因は複雑に絡み合っている為、1つ1つの理由をピックアップし分析すれば為替レートの動く方向性が見えてきますがすべての要因が為替を動かしているのでなかなか方向性を予測することは困難です。需給関係だけにおいても、例えばAという通貨を買えばBという通貨が下がりますがBという通貨もその他の通貨と需給関係があるのでCという通貨にも影響します。


 更に詳しく通貨ペアの需給関係について知りたい方は 通貨ペアの需給関係とは何? をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

テロや戦争、内戦などはその国の通貨の変動リスクとなる

外国為替取引について解説 為替変動のリスクとは何?

為替変動リスクで直接的に影響することは自分の持っている通貨の価値が下がり為替差損が発生することですが価値が下がる理由にその国で突然テロや戦争、内戦などが起こるということです。これは予想することが困難ですが常にニュースや新聞、webサイトなどでその国の経済状況や政治的な動きを調べておく必要があります。アメリカで起こったテロなどは一方的ですがこのようなことが起こる国は財政状況も良くないのであまりそのような国の通貨を買うこと自体はお勧めできません。通貨の価値がゼロになることもありますので注意しておきましょう。

 更に詳しく為替変動のリスクについて知りたい方は 為替変動のリスクとは何? をご覧ください!

                                             通貨、外貨について ページ上部へ

固定相場制と変動相場制の違いについて(為替変動に関する豆知識)

外国為替証拠金取引について解説 固定相場制、変動相場制とは何?

固定相場制の時代をブレトンウッド体制、スミソニアン体制というが日本では戦後まで続き1ドル360円、1ドル306円という固定された為替レートから外国為替市場から外貨の需要と供給で決まる変動相場制に先進国は切り替えるようになりました。
 固定相場制とは為替レートが一定比率で固定されており変動相場制は需給関係で為替レートが変動するもので固定相場制を採用している国は発展途上国が多く変動相場制は先進国が採用しています。

 更に詳しく固定相場制と変動相場制について知りたい方は 固定相場制と変動相場制とは何? をご覧ください!


                                             通貨、外貨について ページ上部へ



お勧めシステムトレード(自動売買取引)のできるFX会社の口座開設☆


 ■シストレ24   初級者向けから上級者
・5000円キャッシュバックキャンペーン実施中!50万円入金し初回往復取引のみ
・実力派のストラテジーを用意してあり選んで簡単自動売買
・MYシストレ24はワンクリックのみで自動売買可能で非常に操作しやすいF
・野球で言えば手動取引は選手、システムトレード(自動売買)は監督、楽できます!
終了  ■アヴァトレード 中級者から上級者向け
・ミラトレーダー、メタトレーダー、APIトレーディングで自動売買可能
・Ava Meta Trader4はEAを導入することで自動売買取引可能
・最低取引単位は1000通貨から通貨ペアは50種類と豊富でCFDの取引も可能
・バックテストでテクニカル指標の過去データ検証も可能
終了  ■シストレ.COM 初級者から上級者まで
・世界中のストラテジーを備え、組み合わせも自由自在
・自動売買取引の初心者でも気になる売買プログラムを選ぶだけで簡単に参加
・プログラムの選び方は期間・収益性・売買結果などから選べばOK
・自動売買結果のランキングから選ぼう!